INDIFFERENCE....

着々と一歩づつ、奴らに近寄ってる。
OTHERS
RECOMMEND
AD
<< 人生で一度だから  | main | 一生に一度だから  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人生で一度だから 
 

テンションマックスの私に優しい目線


はて?


「あ!!!!そっか12時過ぎたもんね」


「そう、記念日だからね?」


「ははは!!(すっかり抜け落ちてた)」


「でね、それCMでもやってるけど動画も撮れるよ?」


「最新じゃん!!!!!撮るの楽しみだー!」


箱を撫でながら笑う私

優しい目線


はて?


「ん?」


「デジカメ充電したし、メモリーも入ってるから
 ちょっといじってみたら?」


「え?いいの???いいの???」


聞きながら既に箱から取り出す私

そう、単なる機械が好きな女……


「うん、動画いれてあるんだ。」

「うわ!!本当だ!トキだ(彼氏の家の犬)」


勝手に再生


「ん?なんかもごもごいってる?」


「うん」


黙って動画を見つめる私…

内容は彼氏がもう一つのプレゼントの

隠してある場所を教えてくれる内容


出演        犬(トキ)

ナレーション   たちょ



「ニヤニヤしてますかって?」

「あっは!そんなこと言ってる?俺」

「うん」

「ニヤニヤしてますよー!!」


デジカメに話しかけてからもう一回動画見ようとしたら


「なんで?プレゼントは?」

「だって、何話してるかもう一回聴きたい…」

「いいから!!!!ほら・・・。」


しょうがなく車の中に隠してあったプレゼントを手に取る

重さ的に…私の好きなメーカーの物の気が…。


「ちょっとぉぉ〜。こんなの買って!」

「でも高くないし、ね?」

「高いよー、私には!!」


そう言いながらプレゼントを開ければやっぱり時計


「うははは!やっぱり君か!NIXON!!!」


中にはごっついブルーの時計

あたしの趣味をわかってらっしゃる……!

メンズ物万歳なので嬉しさ隠せず!

うっはっはうっはっは笑う私


「ありがとー!」

「うん。」

「うわーー!すごーい!!」


ここでもテンションあがっちゃって時計いじりながら

たちょさんが時計を買いに行った時の話を聞く

真剣に話してる彼氏を激写・時計をいじいじ


話よりも商品


そんな私を許してダーリン
| タツヤとあたし | 00:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:09 | - | - |